悲しみとの向き合い方

悲しみとの向き合い方 ペット火葬を済ませてから、大切な家族の一員を思い出す事は多いでしょう。悲しみに暮れてしまうことをペットは望んでいません。わかっていても乗り越えられるようになる為には、時間がかかるという人も多いです。ペット火葬を乗り越えられるようになる為には、一人で悲しみに暮れていることはよくない為、誰かと話をしているように心がけましょう。家族とともにペットの思い出の品を見て語り合ったり、ペットがいた時に楽しかった思い出などを語り合うことで、思い出を乗り越えられるようになるでしょう。
楽しかった思い出を一人で思い出すことも大切ですが、思い出にとらわれるのではなく、思い出をきっかけとして出会えてよかったと感じる事や、一緒にいてくれたことへの感謝を抱くことが大切です。また、ペットロスを理解してくれる家族や友人、パートナーなどの存在がいるかどうかも重要となります。残念ながら理解してくれる人が周囲にいない場合は、カウンセリングを受けることも死を乗り越えるために必要です。

リスのような小動物でもペット火葬の対象になるのか

リスのような小動物でもペット火葬の対象になるのか 現在はペットを飼育している人が増加していて、賃貸でも犬や猫などを飼うことが許可された物件が多く提供されるようになったことで、単身世帯であっても手軽に動物と生活を共にできるようになりました。しかし、日本の住居は海外と比較すると狭くなっていることが多くなっているので、ペットを飼う場合には小動物を選択する人も少なくありません。そこで問題になるのは小動物は寿命が短くなっているため、どうしても飼育途中で別れを経験してしまう飼い主が多くいるでしょう。
どのようなペットでも愛情を持つのが飼い主であり、亡くなってしまうと丁重に弔ってあげたいと考えてペット火葬を実施する人が増えていますが、小動物の場合はペット火葬が難しくなっています。その理由は火葬で使用する焼却の温度設定が極めて難しく、リスのように体の小さな動物の場合は骨の構造が脆くなっているので、遺骨だけを残すように火葬することが難しいからです。そのため、リスやハムスターといった特に体の小さな動物は、ペット火葬は受け付けていないので注意が必要です。