モルモットのペット火葬の方法と注意点

モルモットのペット火葬の方法と注意点 ペットを飼育している人は増えてきていますが、飼育する種類なども色々と変わってきています。
昔であれば犬や猫などが主流でしたが、最近では熱帯魚の他に爬虫類や小動物としてモルモットやハムスターやウサギなども増えてきています。
実際に飼育しているペットが亡くなった時に、ペット火葬を行う人が増えてきているのも変化の1つです。
ペット専門に火葬を執り行ってくれる業者も増えてきているので、最後のお別れもしっかり人と同じように葬儀を行う事が出来ます。
そんな中で小動物をペット火葬する際は、小動物での火葬の実績が豊富な業者を選ぶ事が大切です。
小動物自体は小さい個体のため、通常の火力で火葬してしまうと骨も残らずに燃えてしまうという事が多いです。
ただし実績があり小さい個体を火葬する際の実勢や経験があれば、しっかり骨を残した状態で火葬してもらう事が可能です。
そのため業者を選ぶ際は実績があるだけでなく、小動物専門などを取り扱っているペット葬儀業者を選ぶ事がポイントです。

フェレットなどの小動物が亡くなった時のペット火葬

フェレットなどの小動物が亡くなった時のペット火葬 フェレットなどが亡くなった時に弔いをどうすればいいか悩む所です。
ペット火葬を実施している施設でもフェレットは対象なのか、やってくれるのかを知ることが大切で、まずはどの施設が実施しているか確認する必要があります。
最近はペットの多様化が進み、小動物でもきちんと葬儀を行って火葬してくれる施設はたくさんあり、まずば電話やホームページなどを調べてどの施設が対応しているかを確認します。
葬儀の方法としては小さな箱に収めた亡骸を、通常の犬や猫同様に葬儀を行い火葬します。
火葬は小動物に適した方法で行うので遺骨を持ち帰ることも可能です。
小動物を弔うやり方で飼い主自らでもできる方法にプランター葬があり、これは花を栽培する時に用いる腐葉土をプランターや鉢に入れ、その中に埋葬する方法で、亡骸は完全に土に還ることができ、花などをそこで栽培すると、花の成長を見守る時に生きている時の様子が思い出され、花に生まれ変わったような気持ちになります。
自分で行う方法と葬儀で弔いペット火葬を行う方法のどちらかを選ぶことができます。