当サイトでは小動物のペット火葬についての正しい供養方法や注意点、そして大切な家族とお別れした時の対応方法についてご紹介していきます。
動物は人間よりも寿命が短いため、いつか必ず供養するときがくるという認識を持つことが必要です。
突然訪れたペットとの別れに戸惑ってしまうと思いまうが、今までの思い出を大切にするためにも、弔い方や気持ちの向き合い方をご紹介していきますので、少しでも参考にして頂ければと思います。

ペット火葬で思い出を整理!正しい供養の方法とは

ペット火葬で思い出を整理!正しい供養の方法とは ペットの供養は、まず最初はご遺体にダメージを与えないように涼しい場所へと移動させます。
そして、タオルなどで身体をキレイに拭いてあげましょう。
注意するのはご遺体に水分がつくと腐敗が進んでしまうので、しっかりと水気を切ってから拭いてあげて下さい。
最後に、口や鼻や肛門に詰め物をして排出物が流れないようにします。
詰めるのは綿かガーゼで処理すると良いでしょう。
いざお別れの時、ペット火葬では思い出の品を一緒に送ることができる場所もあります。
また、遺骨を手元で保管することもできますので、お別れした後も思い出を振り返ることができます。
中には納骨する分と手元で保管する分と分けることや、時間の経ってから分けた分も全て納骨することもできます。
供養の形が変えられるのはペット火葬の特徴ですので、飼い主様が供養したい形で行うことが大切です。

ハリネズミはペット火葬を行うことが可能か

ハリネズミはペット火葬を行うことが可能か 大切に飼っていたハリネズミが亡くなった時に、どうしてあげればいいのか不安に感じることはありませんか。
ペット火葬というと対象として猫や犬をイメージする人も多いかもしれませんが、小動物であるハリネズミの火葬を受け付けている葬儀社も存在します。
ハリネズミが亡くなった際の供養方法として、その体の小ささから土葬やプランター葬を選択する人もいるようです。
これは自宅の庭で手軽に行える点がメリットですが、埋めた後の臭い及び鳥類や野生動物などに埋めた場所を掘り起こされる可能性もあることから最後のお別れにはペット火葬もおすすめです。
しかし、体が小さいため火葬を行った際に骨がきちんと残るのかなど不安に感じることもあるでしょう。
火葬を行った場合、骨はきちんと残すことが可能です。
心配に感じることがあれば、あらかじめペット火葬を依頼する葬儀社に確認を行うと良いでしょう。
また、他の動物と一緒に火葬を行う合同火葬の場合は遺骨は戻ってきませんが、選択する火葬プランによっては大切なペットの骨を拾ったりその目で確認したりすることも可能です。
家族同様に過ごしてきた大切なペットだからこそ、後悔が少ないように最後のお別れの方法を選択したいですね。

おすすめのペット火葬情報サイト

ペット火葬を東京で行う